ひとつの課を、いろいろな方法で取り組む。

アンニョンハセヨ?はるはるです。できる韓国語 初級II 4課の単語を覚え、音読もして、ワークブックをもう一度やりました。

お、わかる(・∀・)

ほぼほぼ独学で、自分のやり方でガンガン進めていたけれど、『問題を解く・解いた』満足感だけで進めていたと、今ではわかります。

= 定着にほど遠い勉強(笑)

『問題をいっぱい解けば、そのうち覚えるだろう』なんて思っていたけれど、そうじゃない。4課本文に、예쁘네요とあり、네요を忘れていることに気づきました(汗)

ハン検の勉強の時に、やたら目につき(笑)ドラマのタイトル『美男ですね』の미남이시네요 で、네요は『〜ですね』と覚えたはずなのに。

そして、忘れた文法を、

文法辞典で、意味を調べ、ほぉ〜!と納得。

そして短作文をやってみると…。わたし助詞をきちんと押さえていないので、ちょこちょこ間違えるのです(;・∀・)

助詞も文法辞典でチェック。

こうやって書いてみると、ひとつの課だけで結構やることがあります。今まで間違えたものを直すことはあっても、サッと流していただけだったので。やり方が間違っていたんだな…と思います。

できる韓国語 初級Ⅱを徹底的にやる!と決めると、いろいろ、今までやっていなかったことが見えたりして、徹底的にやれる気がしてきました。

単純(笑)

人によって進め方はそれぞれ。ひとつの課の取り組み方も、それぞれ。4課でやったやり方を今後も続けるつもりです。

いろいろな方法で、ひとつの課を取り組む。

語彙も文法も試験のためだけじゃなく、使えるようなインプットに励みます。

では、今からまたできる韓国語を。また、明日!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする