わたしが特に筆記具にこだわるワケ。

アンニョンハセヨ?はるはる(@haru2kr)です。今日は、Instagram(@haruharu.kr)も更新しました。

久しぶりに雨が上がったので、今日は午後からゴルフの練習に出かけます。朝のうちに韓国語を済ませました( ・∀・)

気づいた方は、いるかな…??

あれ、フリクションが増えてる?!

はい。断捨離しているにも関わらず、左のメタルタイプを買いました。最近発売された新色に一目惚れ(;・∀・) 芯が0.5なので、右のプラスチック製の0.38と入れ替えています。

わたし、もうある程度の年齢なので、特に『筆記具は、いいものを使いたい』というこだわりがあります。それでも一目惚れフリクションは1500円なので、プチ贅沢といったところでしょうか。

わたしのペンケースの中身。

お気に入りの筆記具しか入っていません。

左からフリクション蛍光ペン2色、0.38フリクション、ラミー2000(4色ボールペン 芯はジェットストリーム)、ラミーサファリシャーペン、消しゴム2種。

いいものを持つというのは、値段が高いものという意味ではなく、値段に関係なく自分に合うものということ。それでも、プラスチック製はどうしてもチープに見えるから、高見えするデザインのものを選びたい(笑)

昨日の記事に、

自分の時間を幸せにしてくれるものを選ぶ

ことが、カッコいいと思えたことを書きました。

仕事をするのも、韓国語を勉強するのも、その時間が幸せな時間になるかは、わたしの場合筆記具によると言っても過言ではないのです。

仕事で、筆記具は必須アイテム。安いものやノベルティのもの使うと、自分まで安くなったような気になる(~_~;)

韓国語でも同じく。たくさん書くので、書きやすさを追求したいし、手首の負担になるものを避けたい。ノートでも、テキストでも、書いて裏写りしないものを選びたい。

わたしが筆記具にこだわる理由です。

特に、自分まで安くなったような気になることがすごく嫌なのです。ノベルティでも書きやすいものがもちろんあるのですが、社名が入っているものがとにかく嫌…。韓国の大学名が入っているものは喜んで使うのに(笑)

自分が幸せな時間を過ごせるかを大事にするのは、行動だけでなくモノにおいても同じ。断捨離がさらに進みそうです(・∀・)

さ、ゴルフの練習に行ってきますー!良い一日を!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする