『自分が幸せと思えるか』で物事を選択する基準がカッコいいと思った話。

アンニョンハセヨ?はるはる(@haru2kr)です。雨続きで警報が出っぱなしですが、みなさんのお宅は大丈夫でしょうか?

昨日は、朝 通勤ルート変更で出勤し、夜もこれまた朝と違うルートで帰宅しました。昨日は通勤だけで5時間以上かかり、疲れて22時前には寝てしまった・・・(~_~;)今日が休みで良かったです・・・。

さて。

我が家、共働きの4人家族です。朝は子どもが小さかった頃から、5時起きでした。保育所の準備や、朝食の用意をしたり食べさせたりで、あっと言う間に出勤時間。仕事して、保育所にお迎えに行って、帰って家事をし、その日のうちに寝る!な毎日でした。

自分の時間なんてホントなくて、毎日必死。通勤時間だけが自分の時間で、この時間に大好きな本を読むことが唯一の楽しみ。仕事を、やめる選択肢はなかったです。

その頃の夢?は、自分の時間が欲しい!でした。

自分の時間の確保も、家の片付けも思うようにいかず、イライラしていた自分・・・が思い出されますが、子育ても仕事も、両方の経験を同時進行した時間は、わたしの中で無くてはならなかったものです。

必死な状態が10年以上続き、下の子が小学校に上がってから、ようやくテレビを少し見ることができる時間が持てるようになったと思います。

今も仕事を続けていますが、あの頃の必死な時間が圧倒的に少なくなり、自分が使える時間は増えました。今、断捨離に励んでいるのも、夢だった自分の時間を増やしたいと思ったから。

最近、こんな本に出会いました。

手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法

この本を少しづつ読み進めています。

自分の時間を幸せにしてくれるものを選ぶ

『時間を自由にする』という章にあった言葉です。

例えば、仕事での『付き合いの飲み会』の時間。わたしは「早く過ぎたらいいのに…」と思います。この時間は、わたしにとっては幸せな時間ではない…のです。

付き合いは人間関係が広がる…といえばカッコいいですが、その時間が、幸せならそうかもしれません。わたしにとっては、幸せでない…ということはムダなんです。きっと。

『自分が、幸せと思えるか、思えないか』で物事を選択する基準。何だかいいな〜と思います。時間は特に貴重なので、人から「付き合いが悪い」と言われても、幸せと思えない時間を過ごすほうが嫌。

韓国語を勉強するのも、幸せと思えるから。ゴルフをするのも幸せと思えるから(笑)

いい本に出会えたなぁ〜。また、いい!と思うことが見つかったらシェアします( ・∀・)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする