秋に受験するTOPIKの勉強テーマを決めてみた。

アンニョンハセヨ?はるはる(@haru2kr)です。秋のTOPIK受験を決め、申し込みも済ませました。受験勉強はどうしようか?と考えています。

昨日は夜に、時間があったので、

友だちにもらっていた、この本を見ました。

もらった頃に、数ページ訳してました(・∀・)

このテキストの聞き取り説明の訳を、またひとつやってみました。このテキストはTOPIKの問題傾向など、オール韓国語で書かれています。2回分の模擬試験もあります。テキストをみて、今回の受験にあたり、ひとつテーマを決めることにしました。

わたしは、ハングルに酔うところがあります(笑)。・・・説明が難しいんですが、何行もの韓国語文をみると、頭から難しいに違いないと思うのです。読み始めると、抵抗はなくなるんですが。

韓国に行き、韓国語だらけの中に入る時(飛行機から降りて入国する時)もそうです。看板も読めるし別に困らないんですが、韓国語が聞こえてくるだけで緊張する(笑)

これは、なぜ?と考えてみると、きっと韓国語を読むことも、聞くことも量が絶対的に少ないからです。

読むことも聞くことも、量が少ないということは、慣れていないので意味を掴むのにも時間もかかるということ。

スピードがカメのように遅いので、1問にかかる時間もそれなり。TOPIKは、読解は70分で50問、解かねばなりません。試験当日に韓国語に酔うヒマはありません(笑)

今さらなんですが、

韓国語をすんなり受け入れられる訓練を積む

のがテーマになるかと(笑)

えー?そこから?!と自分でも思いますが、何でも慣れるには、時間がかかるので、とにかく読むこと、聞くことの量を増やします。抵抗すれば、なかなか自分の中に入らない(笑)

では、テーマも決まったところで、行ってきます!良い一日を!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする