なぜ?どうして?という視点を持っていると、より理解が深まる気がする。

アンニョンハセヨ?はるはるです。
今朝はミレマガ写しで、目からウロコが落ちました。

先日、韓国語繋がりの友だちとランチに行った時、

ミレマガ写しをしていると、ひとつの文書で同じ単語が繰り返し出てくるから、単語覚えたりできるよね〜!

と話をしていました。

結構長めの一文を写していると、その内容にまつわる単語は繰り返されることが多く、他の勉強で出てきても『ミレマガに出てきた!』となることも多いです。

そして、今日『こだわり』という言葉が出てきて、いつも通り書き写しているうちに、あれっ??となりました。

・・・(;゚ロ゚)

今日は、何だか違うぜ…。

全文書き写した後、『こだわり』部分の対訳をひとつひとつ見ていくと、なんと5種類ぐらいの韓国語が『こだわり』として使われていました。

言葉って、面白い!!

例えばドリルで、
『私はカバンにこだわりがあります』
を韓国語にしなさい、とあったら、きっと、

『こだわり』って単語が出てこない!

となります(笑)

そして解答を見たり、辞書で調べたりして、『こだわり』という単語はコレか!…と思うんだろうな。

日本語にも言い回しがあるように、韓国語にももちろん言い回しがある。
言葉ってすごいなぁ〜と思いながら、今朝の朝勉はミレマガだけで終わってしまいました(笑)

今、なぜ?とかどうして?という視点を持つようにしています。
TOPIKでの勉強も、4つの選択肢で、なぜこれは間違いか?を突き詰める(笑)やり方をしています。

より、理解できる気がするから。

その視点を持っているのと、いないのでは、理解の深さが違うように思います。

いつものミレマガで写しだったら、気づかなかったかもしれない『こだわり』。
わたしは、なぜ?どうして?にこだわることが韓国語を楽しめるキーワードなのかもしれない。

あー、今までなんて雑にやってきたんだ…。
とも思った朝勉の時間でした。

では、行ってきます〜!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする