音読の大切さを自分に染み込ませ中(笑)

アンニョンハセヨ?はるはるです。
今朝の一枚。

人生は一回。
これは時間と同じで、誰にでも共通。 

学習方法の本だけは、好きで読んだりしますが、これは英語の学習方法本で見つけたひとこと。

英語でも、中国語でも、韓国語でも。

語学にまつわる学習法の本や情報をみると、必ずと言っていいほど、

音読の大切さ

が書いてあります。

学生時代、音読してこなかったわたし。
音読は体力もいるし、いいと聞いてもなかなか続かない…のが密かな悩み(笑)

いいと言われたら、やってみて習慣化すればいいんだろうけど、音読の大切さを実感していないから、続かないんだろうな…と自己分析。

読む、書く、聞く、話す。

どの語学もこの4つは必ずあり、満遍なく勉強すればいいと思い込んでいたけれど、そうではないのかもしれないなぁ。

語学って、ひとつずつ4通りの方法で身につくのではなく、ひとつの方法が、4つに繋がっていく  …と思い込みを変えなきゃいけないかも。
そのひとつの方法が音読で、そこに書くことを加えたりする。
わたしは、書くことからはじめてしまったなぁ。

ハン検3級を受験した頃、正しい音読のやり方を知りたくてネットで調べていた時に、ホームページかブログかで、紹介されていた英語の勉強法の本。この本から、さらにもう一冊追加してたどり着いた本が、付箋の言葉の元。

まあ、こうやって試行錯誤を繰り返しながら、いいものをどんどん取り入れて、取り入れるからには続けてみて、伸ばしていけたらなと思います。

今やっている4BD&スラスラ読めるまで音読を、途中でやめてしまわないように。

音読の大切さを自分に染み込ませないと(笑)

では、今日は試験前の最終日ですが、いつも通り過ごします。
台風が近づいていますが、みなさま、良い一日を!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする